たばこ 体への害

たばこが体への害になる事は、誰もが知っていることだと思います。
たばこには、4000種類以上の化学物質が含まれており2000種類上が有害物質があり
有害物質の中には発がん性物質が多く含まれています。

たばこを吸う事で、がんになる可能性が高くなると言う事以外にも、
血管が収縮し血液の流れが悪くなり冷え性やビタミンCを大量に消費しますので
老化の原因にも繋がります。

その他のたばこの害としては、動脈硬化を早める事や発がん物質を
口から煙として吐き出す事により周囲のタバコを吸っていない人も発がんの可能性が
高くなり健康を害します。

ニコチンは歯に付着し歯周病の原因や依存性の高い薬物同様、
ニコチン薬物となり、たばこは体への害にしかなりませんので、
一日でも早い禁煙が健康への第一歩と言えます。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。