女性の更年期障害

女性は45歳ごろから女性ホルモンの急激な減少に伴い、
更年期に突入するケースが殆どだと思います。

女性の更年期障害は、女性ホルモンの影響が大きく関係しており、
卵巣機能が低下する事で女性ホルモンの分泌が急激に少なくなります。

急激な女性ホルモンの減少から更年期障害の様々な症状が現れ始めます。

卵巣では機能が低下して女性ホルモンであるレストロゲンを作らなくなるのに対して、
脳は作るように命令するため、さまざまな体調の問題が現われてきます。

女性の更年期障害は、自立神経の乱れや急な体のほてりやのぼせ・
身体的な不調などが主な症状と言えますが、全ての女性が更年期による
様々な不快な症状に悩まされると言うわけではなく全く更年期障害が
起こらない人も居ます。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。