更年期障害の原因

更年期障害の原因は、女性ホルモンの急激な低下と言う事が言われています。

女性は閉経を迎える前後10年間くらいの期間をかけて、
更年期障害が現われる事が分かっており、ホルモンバランンスの崩れから
自律神経や体調の不調などが現われ、今までの体調維持をしていくことが
難しくなってきます。

閉経が近くなると子宮の機能の低下にともない女性ホルモンの分泌も必要なくなりますので脳からの指令を受けても子宮は女性ホルモンを生成しなくなる事が
様々な更年期障害の原因に繋がってきます。

女性の場合には、女性ホルモンバランスが崩れる事によって、
自律神経が乱れ頭痛やめまい・吐き気・身体的な症状・抗うつ状態などの
神経的な症状などが現われますが、
男性の場合には、性ホルモンの低下は非常に緩やかなため更年期障害の症状が分かりにく個人差が大きいことから更年期障害だと気が付く事が遅れがちです。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。