生活習慣病健診

生活習慣病健診は、毎日の日常生活の中で様々な生活習慣による病気の早期発見に役立つ
健康診断になります。

生活習慣病健診を行う事で、長い年月で蓄積していく悪い生活習慣が原因で
進行していく病気や健康面のチェックをすることが出来ますので
生活習慣の見直しにも役立ちます。

健診では、問診・触診・視力・聴力・血圧・尿検査・便混血反応・
血液検査・血糖検査・血液脂質検査・肝機能検査・腎機能検査・胸部レントゲン・
胃部レントゲン・心電図検査が一般的な生活習慣病健診になり、
年齢によって追加健診も可能で女性の場合には、乳がん検診や子宮がん検診も
付ける事が可能になります。

一般健診は35歳から75歳、追加健診は40~50歳の人が対象となり、
乳がん・子宮がん検診は40~74歳の人が対象となります。
乳がん・子宮がんは20~38歳の人は単独で検査する事が可能です。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。