男性の更年期障害

更年期障害と言えば、女性特有の症状と思っている人も多いですが男性にも
更年期障害があります。

男性の更年期とは、老化に伴い性ホルモンの分泌が少なくなってくる時期の
状態の事を言い、青年期から老年期に変わる期間を更年期と呼んでおり、
この期間に起こる様々な不快な症状が更年期障害になります。

性ホルモンは自律神経のコントロールに欠かせない役割をはたしていますので、
更年期障害は男性にも起こる症状と言えますが、男性の場合、更年期という症状は
今まで認められてこなかった事や本人も気が付かない事も問題と言えます。

しかし、最近では男性にも更年期があり更年期障害の症状があると言う事が
言われるようになってきました。

女性の場合には、閉経と言う時期の前後と更年期障害の時期が大体把握できますが、
男性の場合には、疲労や不眠・抗うつ状態・興奮状態など神経の異常が目立ちます。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。