サプリメントが必要な理由

人は、20代をピークに「老化」していきます。

健康や美容に大切や栄養素ひとつを見ても
ある年齢、ある時期をピークに体内での生産が減少します。

例えば核酸。

細胞の栄養素で、細胞分裂や、壊れた細胞の修復に
必要となる栄養素ですが、

体内での生産(主に肝臓)でのピークは20代。
それ以降は年々減少、40代を境にぐんと減ってしまいます。

また、最近の流行である「酵素」。

これも、体が生きていくために絶対に必要な働きをしますが
20代を境にその生産量は減少、40代、70代にぐんと減少する、というのが
わかっています。

つまり、20代から老化するのは、人が体を維持する為に
絶対必要な栄養素すらも体内での生産が減少し、

それが原因で病気の細胞の治癒が遅くなったり
壊れた細胞を捨てる力が弱まったり、細胞が再生できなかったり
体を維持する力が年々弱まってくるということであり、

これらが老化、シワが増える、肌がくすむといった「老化現象」として、
さらには、壊れた細胞を捨てられない、修復できない、病気を治癒できない、
という、目に見える形で現れてきます。

本来は普段の食事から、ある程度の栄養素は
補給できるはずですが、

簡易に食事を取れる環境や、年中、人口的に作られた野菜が
栽培されている状況では、栄養の偏りは避けられません。

また、現代社会に生きるためのストレスが
病気を呼び、体力を消耗しているのも事実です。

現代人だからこそ、サプリメントが必要で
足りないものを補ってこそ、健康も保たれると言っても
過言ではないような気がします。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。