酵素減少を補う

人や生物が、生きるため様々な活動で必要となる栄養素、「酵素」。

元々、酵素は人の体内でも生産されますが、
20代をピークにその生産量は現象していきます。

新しい細胞の生まれ変わりや、
食事として食べた栄養素をエネルギーに変える、
体内のいらないものを排泄する、など

人が生きていく上で大切な働きをする酵素が減っていくというのは、
潤滑な生命活動が段々と怠るということであり

それが老化現象として、目に見える形で
現れてきます。

「病気ではないけど、最近ちょっと体調が優れない」
「健康だけど、なんとなく昔と違う」

こんな、サインを感じたら
それが酵素不足のサインかもしれません。

人は、20代を境に老化を始めるため
少しずつこのような現象がおこることは必然と言えます。

しかし、アンチエイジングといわれる様々なものが
流行しているように、
自分の生活の改善、必要な物の補給で
老化を遅らせるものは、いくらでも「補えるもの」でもあります。

アンチエイジングは正しい知識が必要。そして、
何か(サプリメントや健康食品)を取り入れるにしても
品質の良い物を選ぶ必要があります。

人気のダイエット食品にあるように
若い層をターゲットにしているものの中には

効果のあるというダイエット栄養素すら、
その含有量が微量なものがあります。

ダイエットに効果があると言われる栄養素が微量でも
効果があるという人がいるのは、その人が

若いから、です。

20代は、酵素ですら体内での生産量が十分なため
ちょっとの補給で十分な効果を感じることができます。

しかし、年齢を重ね、段々と体内での生産量が減ってくるという栄養素は
より多く、質の良い形で体外から補給しなくては
間に合いません。

健康ドリンクにすら栄養素の働きを阻害する添加物が使用されている物も
少なくありません。

酵素ドリンク、酵素サプリメントに限って言えば、
本来、純度の高い酵素ドリンクには必要ないはずの
添加物が入っている商品、
(酵素は発酵食品のため保存料が必要ない)

つまり、酵素を消耗する食品添加物が入っている商品は
本来、信用できないはずなんです。

酵素の純度が低い可能性が高い。
そして、酵素を補うつもりが、酵素を消耗するものを摂る可能性がある
という矛盾な結果になっています。

選ぶのは自分。安易な流行に惑わされるのではなく
正しい知識こそが本当は必要なのではないでしょうか。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。